ピンG710アイアンの特徴を解説|ブラックヘッドで精悍な仕上げ【グリップに秘密あり】

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

今回はピンのニューモデルG710アイアンについての紹介記事です。

 

飛び系クラブとして発売されたG700の後継機種にあたり、G710というネーミングになっています。

 

G710にはかなり新しい試みが施されたクラブとなっているので、特徴を解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ピンG710アイアンの特徴

 

精悍なブラックヘッド

今回のG710アイアンはヘッドがブラック仕様で登場。

 

非常に締まって見えて、カッコいいですよね。

 

G710はシルバーメッキの展開はなく、ブラックのみとなります。

 

ブラックはカッコいいのが良いところでありますが、やはり打っていけばソールを中心にメッキが剥がれてきますので、中からシルバーが出てきます。

 

それを味と捉えるか、汚らしいと捉えるかは個人の見方にもよりますが、どっちにしてもメッキが剥がれてくることが許容できる人がブラックヘッドを使えるということになりますね。

 

 

 

中空構造で飛ばす

前作のG700と変わらず、中空構造となっており飛び系アイアンです。

 

飛び系アイアンにもかかわらず高弾道が打てて止めれるアイアンというのがこのG710アイアンのアピールポイントとなっています。

 

インパクト時に振動が発生する箇所を特定し抑制することで、より心地良い打感と打球音を生み出すことが可能となっているようです。

 

 

 

高MOIでブレない

ピンのアイアン史上最も高いMOI(慣性モーメント)を誇るという新設計。

 

前作のG700比で約5%アップとなっており、ミスしてもブレないから飛んで曲がらないアイアンとなっています。

 

 

 

アーコスキャディ搭載グリップとは?

特徴的には今回の目玉と言ってもいいのが「アーコスキャディ」搭載のグリップです。

 

「アーコスキャディとはなんぞや?」

 

そういう方も多いかと思いますので説明します。

 

まずはメーカーHPからお借りした文面がこちら。

 

「標準装着されたアーコスキャディ搭載グリップで、ラウンド中の全てのショットを自動で記録。最新鋭のAI機能がラウンドデータの統計を分析し、あなたのゴルフをサポートします。」

というもの。

 

ちょっと何言ってるかわからない、という方もいると思うので、補足します。

 

アーコスキャディとは、自分のスマホと各クラブのショットデータを連動させ、AIが分析してくれたデータを確認できるというシステムです。

 

どうやって連動させるのかというと、グリップエンドにアーコスキャディスマートセンサーを装着し、ショットするだけ。

 

するとアプリ連動したスマホにショットの記録がたまっていき、自分のデータが生成されていきます。

 

5ラウンド以上データを集めれば傾向がわかってくるため、自分のデータに風向き・強さや高低差などを加味して最善のクラブチョイスを提案してくれます。

 

なにやら画期的なシステムの予感ですが、これがどこまで需要があるのかはまだ未知数。

 

しかし自分のショットの傾向や分析をするにはもってこいのシステムなので、自分のゴルフを客観的に見るには良いでしょう。

 

関連 アーコスキャディの使い方や特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

ピンG710アイアンの見た目

バックフェースはやはりマットブラックの影響か締まって見え、スッキリとした印象です。

 

 

 

構えてみるとこんな感じで、トップブレードは薄めですね。

こちらもスッキリしていて非常に構えやすかったですね。

 

 

 

フェース、ソールはこんな感じです。

ソールは少し厚さもあってやさしさを感じられるポイントですね。

 

全体的にはブラックヘッドはかっこいいですね。

 

 

 

ピンG710アイアンを試打した感想

試打したのは7番で純正カーボンシャフト。

 

かなり軽いスペックで試打しましたが、振り心地は悪くなかったですね。

 

黒ヘッドなので締まって見えるためか、前作のG700よりはスッキリと構えられる印象で良かったです。

 

肝心の結果ですが、3球の平均でキャリー164ヤード、トータル176ヤードでした。

 

飛距離はロフトなりに飛んでくれたかなという印象で、弾道は程よく上がるという感じですが、ランもそれなりに出るかなという結果でした。

 

ボールが止まらないというわけではないですが、ピタッと止まるという感じではなかったですね。

 

シャフト次第でしょうが、やはりスペック的には軽めに組んで飛距離を稼ぎたい方が主な対象ゴルファーになってくるでしょう。

 

ただ、ヘッドスピードが速めのゴルファーが使えないのかと言うとそうではなく、モーダスやダイナミックゴールドを組んで使う方もちらほら出てくるかなと予想しています。

 

ロフトがストロングな分飛距離は出てしまうのですが、硬め・重ためのシャフトでも十分その性能を発揮してくれるクラブだと感じています。

 

 

 

 

ピンG710アイアンまとめ

 icon-check ヘッドは精悍なブラック仕様

 icon-check 中空構造で飛びと安定性がアップ

 icon-check ピン史上最高のMOIでブレない

 icon-check アーコスキャディ搭載グリップでデータ分析ができるアイアン

 

新たな試みでアーコスキャディを標準装備したアイアンを発売したピン。

 

どの程度需要があるかは今のところはまだ不明ですが、それなりに注目を浴びるアイアンとなりそうです。

 

経過に注目したいと思います。

 

発売予定は3月となっており、楽しみなアイアンですね。

 

以上、ピンG710アイアンの特徴を解説|ブラックヘッドで精悍な仕上げ【グリップに秘密あり】という話題でした。

 

 

関連 アーコスキャディの使い方や特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事