テーラーメイドM6ドライバーの特徴を紹介【2019年ナンバーワン評価です】

どうもりょういちです。

2019年の目玉クラブとなっているのがテーラーメイド・M5、M6ですよね。

この記事ではM6ドライバーについてわかりやすく特徴を説明し、なぜ人気が出ているのかを解説していきます!

スポンサーリンク

M6ドライバーの特徴

M6ドライバーはなぜ人気?

2019年もっとも人気を集めているドライバーはM6ですが、以下のことから絶大な人気が出ています。

 icon-check 飛ぶ

 icon-check 曲がらない

 icon-check 打感が良い(芯が広い)

ドライバーでこの3つがあればもう言うことないですよね。ではそれぞれ特徴を解説していきますのでご覧ください。

最大限の飛びを実現させるスピードインジェクション

スピードインジェクションという言葉はあまりなじみがないと思いますが、テーラーメイドが生み出した技術で飛距離を最大化するためのテクノロジーです。

簡単に言えばルール適合を守りながらフェースの反発性能を最大限にチューニングするすることによって、個体差なく飛ぶドライバーを生み出しています

ヘッドの作り方として、一旦反発係数をルール上限を超えたところまで高めてから戻す(チューニング)ことで、最終的にルール適合に収めて個体差のない飛ぶヘッドを作り上げることに成功しました。

↑これをスピードインジェクションといいます。

一旦反発係数をルール上限を超えて戻すという作り方をしているので、全てのヘッドの反発係数を検査しなければ市場には出せません。

テーラーメイドとしては手間が増えて工場が大変になったと言っていましたが、その分個体差がなくルール適合上限のヘッドを市場へ送り出すことが可能になりました。

一般的にはプロが使うヘッドはどこのメーカーでも反発係数チェックなどをするものですが、それが一般ゴルファーが使うヘッドもチェックされていて飛ぶヘッドだということが証明されているということです。

これがM6ドライバー飛距離を最大にする理由です。(M5ドライバーにも同様のテクノロジーが搭載)

サイドスピンを抑えるツイストフェース

前作からのツイストフェースは引き続き採用されており、「曲がらない」を実現してくれます。

ツイストフェースとは文字通りフェースがツイスト(よじれている)していてサイドスピンがかかりにくい構造になっています

クラブのギア効果として、通常はトゥ側に当たればフック系のボールが、ヒール側に当たればスライス系のボールが出やすくなります。

その原理を生かし、トゥヒットでもフックしづらく、ヒールヒットでもスライスしにくいようフェースをツイストして作られています。

とはいえ「曲がらない」とは言いますがそこは常識的に打ち方で曲がります。ここがポイントですが、いわゆる曲がりにくいドライバーであることは間違いありません。

それはどのゴルファーでもそうだと思いますが、いわゆる曲がりにくいドライバーであることは間違いなく、ミスショットによるサイドスピンは確実に減ってくれるので、曲がり幅はかなり抑えられることができます。

わかりやすいイメージとしては、今までだとスライスして右へOBだった打球が右のラフでとどまっている。右のラフへ入っていたであろう打球がフェアウェイ右端に残っている。

といった具合に、サイドスピンを減らしてくれるので、かなり実践的なドライバーと言えます。

スピードインジェクションももちろん魅力のひとつですが、僕個人としてはこのツイストフェースがMシリーズ最大の魅力ではないかと思っています。

ぜひこの「曲がりにくさ」を体験してみてください。

※画像ではフェースがねじれているのはわかりませんし、実物を見ても肉眼ではあまりわかりません。

徹底した低重心化とスイートエリアの拡大

ソールの後方に46グラムの大きなウエイトを装備し低重心・深重心化を図り、さらに前作比で約66%もスイートエリアが拡大しています

さらに前作同様のハンマーヘッドもソール前方に搭載されておりスイートエリア拡大に影響しています。

より優しくなり、より「当たる」ようになったと言えます。

当たる確率を増やすことで、安定して飛ばせて飛距離も伸ばせます。

ドライバーの飛距離はミート率が重要ですからね。

純正シャフトはFUBUKIを採用

三菱ケミカルと共同開発の純正シャフトはFUBUKIを採用し、Sシャフトで54グラム、トルク4.6の中調子シャフト。

良くも悪くも、特にこれといって感想はないかなあという感じ。

特にクセがあるわけでもなく、硬くも柔らかくもなく普通の純正シャフトだなという印象です。

ヘッドスピード42くらいまでの方は純正で大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

M6ドライバーを試打した感想

打感

打感に関してはスイートエリアが非常に広い感じがして柔らかいです。

「芯食ってるな」というのがわかりやすいので、ナイスショットとミスショットの差はわかりやすいと思います。

とにかく曲がりにくい

全然曲がりません。

正確に言えば真っ直ぐ飛ぶという意味ではなく、フック回転もスライス回転もかかるのですが、そのサイドスピンの数値が非常に小さくなります。

やはりツイストフェースの効果は非常に大きいように感じました。

サイドスピンの数値は当たりにもよりますが他のクラブより数百回転は減ります。

つまり、初級者や中級者のようなミスショットが多い人に恩恵が大きいクラブと言えます。

前述しましたがOBは減り、フェアウェイキープ率は上がるでしょう。

飛距離

飛距離に関しても飛びますが、ここはピンG410やキャロウェイエピックフラッシュとそう相違はないように感じます。

ただ、一発の当たりはG410やエピックフラッシュと変わりませんが、当たる確率はM6に軍配が上がります。

芯が広いので当たる分、さらに曲がりにくい分、何発か打ち比べれば平均的な飛距離はM6がナンバーワンてす。

調整機能

M5と違いソールの可変式ウエイトはありませんが、ネックのカチャカチャはついています。

±2度までロフトの調整が可能なので、弾道調整したい方にも対応しています。

M6ドライバーはこんな人向け

 icon-caret-right 初級者~上級者(万人受けするクラブです)

 icon-caret-right 総重量は純正シャフト(S)でも約300グラムのため、ヘッドスピードは40以上は欲しい。

 icon-caret-right 安定して飛距離を出せて曲がりにくいドライバーが欲しい人。

 icon-caret-right 打感の良さを重視する人

M6ドライバーまとめ

M6の特徴は・・・

 icon-check 最大限の飛びを実現させるスピードインジェクション

 icon-check サイドスピンを抑えるツイストフェース

 icon-check 徹底した低重心化とスイートエリアの拡大

 icon-check 純正シャフトはFUBUKIを採用

 icon-check M6フェアウェイウッドユーティリティも合わせて使うことをオススメ

 icon-check M6ドライバーを試打した感想は非常に高評価

 icon-check M6ドライバーは初級者~上級者でも使える万人向け

以上、発売から2019年ナンバーワンヒットを続けているテーラーメイド・M6ドライバーについて解説しました。

売れ行きから見てもゴルフショップ店員という視点から見ても、間違いなくおすすめのドライバーですよ!

関連 M6フェアウェイウッドの特徴と評価

関連 M6レスキューの特徴と評価

スポンサーリンク