ゴルフ場での服装【プレー時以外の格好】

ゴルフのウエアはゴルフショップやネットで買い揃えた!

では、ゴルフ場へ行く時、帰る時の服装はどうしたらいいの?

そんな疑問にお答えすると同時に、知っておいてもらいたいことを明記します!

スポンサーリンク

ゴルフ場によって規定の服装は違う

まず知っておいて頂きたいのが、「ルールに厳しいゴルフ場」と「ルールはあるだろうけどそんなに厳しくないゴルフ場」が存在しているということです。

こういう書き方をすると、いつもカッチリとした服装をしている方に失礼かもしれませんが、厳しくないゴルフ場では大概の服装は許されます。

では、絶対に避けておきたい服装は?

以下の通りです。

ジーパン
ジャージ
Tシャツ
サンダル

これはまずは避けましょう。

いくら厳しくないゴルフ場といえど、避けておくのが無難です。

じゃあ厳しくないゴルフ場はどんな服装しておけばいいの?

上記のジーパン、ジャージ、Tシャツ、サンダル以外だとほぼ大丈夫です。

襟がついてるシャツなんかはもちろんOKですし、前がチャックになっているパーカーやフリースなどでも特に言われることはありません。

あとはチノパンやスウェット生地のパンツなんかでも大丈夫です。

夏の時期はハーフパンツでもOKです。

意外と緩いでしょ?

最近はこんな感じでも大丈夫なゴルフ場が増えていますので、ゴルフも気軽に行けるようになってきています。

いわゆる、普段の服装でOKということなので、敷居は低いですよね。

こんなラフな感じでもOK。

あ、そうなんだって感じでしょ?

実は意外と大丈夫なんですよ。

スポンサーリンク

ラフな格好でもOKなゴルフ場とは?

比較的新しいゴルフ場は規則的なものも緩いので、ラフな格好でもOKです。

あとはアコーディアゴルフが運営しているゴルフ場も、規則は緩いのでなんとなくの服装でOK。

例えばスウェット生地の上下のセットアップなんかでも特に注意されることはありません。

お風呂に入ってからまたジャケットとか着るのは正直面倒ですし、こういう緩めのゴルフ場は行き帰りの服装が楽なのがいいところです。

厳しいゴルフ場はジャケット着用を忘れずに

規則が緩めのゴルフ場とは逆に、歴史あるゴルフ場などは服装にもちょっぴり厳しめです。

基本的にはジャケットかブレザーの着用は必須のことが多いです。

もってないという人は買うか、もしくはスーツのジャケットで代用してもOK。

しかしわざわざゴルフの行き帰りのためだけに買うのはもったいないので、スーツのジャケットや他に持っているジャケットがあるならそれで事足ります。

こんな感じの服装をしていればどこのゴルフ場でもOKです。 

誰と行くのかも重要

ゴルフというと様々な楽しみ方があります。

友達同士で、職場の付き合いで、接待で、などなど。

誰と行くのかによっても服装のチョイスは気を付けた方がいいですね。

気心知れた友達同士で行くのであれば、特に同伴者に気を使う必要はありませんが、職場関係や取引先の方と行くという場合だと気を付けないといけません。

ある程度しっかりとした服装をしておくことが無難ですし好ましいでしょう。

というのも、上司だったり、それなりにお年を召されている方というのはマナーにうるさい方もいます。

無駄なトラブルや注意をされるのも嫌ですから、「誰と行くか」というのも服装を決めるポイントの1つです。

覚えておきましょう。

まとめ

・ゴルフ場によって服装に厳しいところ、緩いところがある

・アコーディアゴルフなどは比較的ラフな格好でもOK

・厳しめのゴルフ場はジャケット必須

・誰と行くかも服装を決める要素の1つ

と、こんな感じでしたが、確実なのはゴルフへ行く前にHP等で確認しておくことです。

どこのゴルフ場のHPも注意書きとかが書いてありますので、そこで服装について書いてあれば守ればいいし、書いてなければある程度緩めでもOKと思っておきましょう。

スポンサーリンク