TS4ドライバーはどこで試打できる?【製品特徴もしっかり解説】

どうもりょういちです。

タイトリストより新作ドライバー「TS4」が発売されます。

発売日はTS1ドライバーと同時発売の7月5日とのことですが、一体どんなドライバーなのでしょうか?

そしてどこへ行けばTS4は試打できるのでしょうか?

特徴を解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

TS4ドライバーはどこで試打できる?

まず先にお伝えしたいのが、TS4は基本的にはゴルフショップの店頭へは並びません。

商品も試打クラブも並びません。。。

今後もしかしたら一部取り扱いがある店舗も出てくるかもしれませんが、基本的にはお店に行っても物はないと思ってください。

ではどこで試打できるのかですが、タイトリストの試打会に行く必要があります。

タイトリストが行う練習場での試打会イベントや、ゴルフショップでの試打会へはTS4ヘッドを持参するそうです。

⇒タイトリスト試打会URLはコチラ(タイトリスト公式ページに飛びます)

注文自体は基本的にどこのお店でもできるので、どこかの試打会場で試して、お店かネットで注文という流れになりますね。

もしくは試打なしで買う人も一定数はいるでしょうね。

ヘッド自体も数量限定生産で、無くなり次第終了ということなので、割とレアなヘッドになりそうです。

TS4ドライバーの特徴

 icon-check ヘッド体積は小ぶりの430cc
 icon-check 低重心・前重心でスピン量を軽減
 icon-check 強弾道で飛ばすハードヒッター向けドライバー

ヘッド体積は小ぶりの430cc

ヘッド体積はTSシリーズでは唯一小ぶりとなる430ccです。

大型ヘッドがあまり好きでないゴルファーは今でも一定数いるので、そういう方には小ぶりのTS4はいいのではないでしょうか。

低重心・前重心でスピン量を軽減

TS2、TS3よりも更に低重心化、前重心化し、スピン量の軽減に特化しているドライバーです。

ウエイトの位置からしても明らかに前重心なのがわかります。

小ぶりヘッドという点とも相まって、より叩いていけるドライバーでしょう。

強弾道で飛ばすハードヒッター向けドライバー

スピンが出ずらい設計に加え、ヘッド重量もそれなりに重いと考えられます。
TS2や3と同等の重さぐらいでしょう。

ということは基本的にハードヒッター向けのドライバーとなります。

ヘッドスピードがそんなにないから球を上げたいという方はTS1がオススメです。

ざっくりで言うと、TS1とTS4の間にTS2とTS3があるような感じですね。

わかりやすくするなら、1が最も易しく順に難しくなっていくといった感じでしょうか。

TS4ドライバーはどんなプレーヤー向け?

・ヘッドスピードは速いが、ボールを潰すような打ち方になってしまってスピン量が多くなっている方(球が吹き上がり気味の方)

・カット打ちで左打ち出しでスライスの球筋の方

上記あたりの方が対象となってくるでしょう。

スピン量が減るのはTS4の1番の売りであるので、弾道の上がりすぎに悩んでいる方はぜひお試しください。
(といっても簡単には試せないんですけどね。。)

そして、特別つかまりがいいドライバーというわけではありませんが小ぶりな分操作はしやすいので、カット打ちのような形で打っている方にもマッチしやすいと思います。

無駄な右サイドスピンが減れば飛距離も伸びますので、試してみる価値はありです。
(試打会等の会場でぜひ!)

まとめ

TS4ドライバーは小ぶりヘッドでハードヒッター向け

球の吹き上がりを抑え、強弾道で飛ばせるモデル

TS4ドライバーが試打できるのは、タイトリスト試打会のみです。

タイトリストの公式HPから試打会情報は検索できます。

僕も今度の試打会で打ってみたいと思います!

以上、TS4ドライバーはどこで試打できるのかという話題と特徴でした。

スポンサーリンク