タイトリストTSi2&TSi3ユーティリティの特徴を解説|2021年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

タイトリストからTSiシリーズのユーティリティが登場しました

 

この記事では「TSi2ユーティリティ」「TSi3ユーティリティ」の2機種について特徴を解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

タイトリストTSiユーティリティの特徴

2機種の特徴を見ていきましょう。

 

TSi2ユーティリティ

 

TSi2はオートマチックタイプで、程よいヘッド体積のユーティリティです。

 

ソールのウエイトは固定式で、フェース側に装着されており中弾道で飛ばせそうなユーティリティです。

 

 

 

TSi3ユーティリティ

 

TSi3はソールウエイトのポジション可変式で調整が可能な、小ぶりヘッドのユーティリティです。

 

小ぶりゆえに操作性が高く、色んなボールが打てそうですが、その反面ある程度の技術は求められそうなクラブです。

 

 

 

共通のテクノロジー

 icon-caret-right 高初速を実現する鍛造薄肉フェース

カーペンター455鍛造フェースという素材を採用することで、タイトリストのユーティリティ史上で最も高い初速性能を発揮。

 

しなやかにたわむ薄肉フェースによってフェースの広範囲で高初速を実現してくれます。

 

 

 

 icon-caret-right 調整機能のカチャカチャ機能付き

ユーティリティにもカチャカチャ機能が搭載。

 

お好みのロフト、ライへの調整が可能になります。

 

 

 

スペック表

TSi2

総重量

バランス ロフト

テンセイオレンジ80(S)

366 D2.5 18、21、24

NS950neo(S)

388 D2

モーダスハイブリッド(S)

376 D0

(総重量は21度の場合)

 

TSi3

総重量

バランス ロフト

テンセイオレンジ80(S)

367 D3.5 18、20

NS950neo(S)

390 D3

モーダスハイブリッド(S)

377 D1

(総重量は20度の場合)

 

シャフトは上記の3種類のラインナップで、いずれも重量があるためそれなりのヘッドスピードがある方向けに作られています。

(ドライバーのヘッドスピードが最低でも40以上の方が対象)

 

セッティング前後のドライバーやアイアンなどのシャフトを考慮して選択することが重要になってきますね。

 

スポンサーリンク

 

TSi2/TSi3ユーティリティの見た目

 icon-caret-right TSi2ユーティリティ

黒を基調としたかっこいいデザインは、これぞタイトリストという感じですね。

 

ウエイトはフェース寄りにあるあたり、やはりそれなりのヘッドスピードを持ったゴルファーをターゲットにしていることがわかります。

 

 

 

構えてみると、小ぶりな部類に入るヘッドですが、形状的には割と安心感のある見た目です。

 

 

 

フェースはこんな感じで、ボールを拾ってくれそうな雰囲気がありますね。

 

 

 

 

 icon-caret-right TSi3ユーティリティ

TSi3には、フェアウェイウッド同様に可変式ウエイトが搭載されており、真ん中、トゥ側、ヒール側の3ポジションの設定が可能です。

 

デザインは正直TSi2の方がかっこいいかなと思います。

 

 

 

構えてみると、かなり小ぶりです。

 

最近のモデルだとAPEX PROユーティリティがかなり小さいヘッドでしたが、それに次ぐ小ぶりユーティリティではないでしょうか。

 

操作性は良さそうです。

 

 

 

フェースは角ばったような形状です。

 

 

 

TSi2/TSi3ユーティリティを試打した感想

試打したのはTSi2が21度、TSi3が20度です。

 

シャフトはテンセイオレンジをチョイスしました。

 

試打結果は以下の通りです(5球平均)

 

ヘッドスピード

キャリー トータル バックスピン

サイドスピン

TSi2

39.5 201 216 3205 -244(左)

TSi3

39.8 198 212 3309 -64(左)

 

まず飛距離ですが、ロフトが1度寝ているのにTSi2の方が飛んでいることに関しては、これはもう当たりが良かったからです。

 

おそらく飛距離性能にそれほど差はないと思いますが、やはりTSi3はヘッドが小さい分難しさがあります。

 

TSi2も大型ヘッドとはいきませんがTSi3よりは幾分か大きいので、分厚い当たりで飛ばすことができました。

 

ヘッドの挙動もTSi2は安定しやすく、武器になりそうなクラブだと感じました。

 

TSi3は操作はしやすいですが、前述の通りやはり少し難しいです。

 

薄めの当たりになることも少なくなかったので、ヘッドをコントロールできる方にはいいと思いますが、上級者以外にはやや難しいのかなという印象です。

 

方向性で言えば、TSi2は安定的にドロー、TSi3はドローとフェードが両方出た形となりました。

 

TSi2はある程度オートマチックな弾道でブレが少なかったです

 

TSi3はヘッド挙動がやや安定せず、やや左右に散らばった結果となりました。

 

しかしTSi3はつかまえにいけばつかまるし、逃しにいけば逃げるので、操作性は本当に高いと思います。

 

でも何度も言いますが難しめです。

 

 

 

TSi2/TSi3ユーティリティまとめ

 icon-check オートマチックで安定型のTSi2ユーティリティ

 icon-check 操作性はあるが難易度高めのTSi3ユーティリティ

 icon-check 新フェース素材採用で初速アップ

 

TSiシリーズのユーティリティということで比べましたが、それぞれ全然違うタイプのユーティリティです。

 

無難なのはTSi2ですが、小ぶりヘッドなどにこだわりがある方はTSi3でもいいのかなという印象ですね。

 

以上、タイトリストTSi2&TSi3ユーティリティの特徴を解説|2021年モデルという話題でした。

 

 

関連 タイトリストTSi2&TSi3ドライバーの特徴を解説

関連 タイトリストTSi2&TSi3フェアウェイウッドの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事