アッタスキングの特徴を解説|先調子の走り系シャフト

スポンサーリンク

どうもりょういちです。

アッタスの13代目となるシャフトとして「アッタスキング」が登場。

シャフトの名称には代々工夫があっておもしろいのがアッタスシリーズの特徴でもありますが、今回は大方の予想通り(?)にキングという名前がつけられています。

前作のアッタスダースとは真逆のシャフト特徴となっているので、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アッタスキングの特徴

先調子の走り系

アッタスシリーズの先系シャフトといえばアッタスクールが思い浮かびますが、アッタスクールは厳密には先中調子でした。

今回のアッタスキングは先調子ということで、よりシャフトの走りや加速を感じられそうです。

「先調子は暴れる」なんていうイメージはつきものですが、確かに元調子のシャフトと比べれば暴れる感覚がないわけではありません。

しかしアッタスキングは先調子でありながら、テクノロジーによってできる限り「暴れる」を抑えています。

シャフトのブレを少なくすることによりヘッドのブレも減少し、安定感につながります。

歴代アッタス

出典:USTマミヤ

この図を見てもわかるように、アッタスシリーズではもっともつかるシャフトだと位置づけられています。

スペック表

アッタスキング4重量トルク調子
R485.7
SR495.4
S505.4
X535.4
アッタスキング5重量トルク調子
R564.3
SR574.3
S584.3
SX594.2
X614.2
アッタスキング6重量トルク調子
SR653.6
S663.5
SX673.5
X693.5
アッタスキング7重量トルク調子
S733.5
X763.5

需要の多いであろう50グラム台のフレックスを豊富に用意。

「5X」や「4X」に至っては50グラム台または40グラム台と謳いながらそれぞれ61グラム、51グラムなので要注意です。笑

スポンサーリンク

アッタスキングの見た目

※更新まで少しお待ちください

アッタスキングを試打した感想

※更新まで少しお待ちください

アッタスキングまとめ

  • 先調子の走り系シャフト
  • 走り系だけどシャフトのブレを抑えたモデル
  • デザインやネーミングもおもしろくて斬新

大手シャフトメーカーからは毎年秋に新作が発売されますが、今回はスピーダーNXが中調子ということもあり、唯一の先調子となるアッタスキングは一定の需要があるでしょう。

以上、アッタスキングの特徴を解説|先調子の走り系シャフトという話題でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事