ブリヂストンB1フェアウェイウッドとB2フェアウェイウッドの特徴を解説

スポンサーリンク

どうもりょういちです。

ブリヂストンの2021年モデルであるB1フェアウェイウッドとB2フェアウェイウッドの特徴を解説し、違いなども見ていきたいと思います。

ドライバーでは試打結果はまるで異なったB1とB2ですが、フェアウェイウッドではいかがでしょうか。

スポンサーリンク

B1フェアウェイウッドの特徴

まずB1ドライバーと同様に、ソール後方にはウエイトが装着されています。

ただしB1フェアウェイウッドのウエイトは固定式なのですが、このウエイトの効果により前作に比べて慣性モーメントがアップし安定感の増したフェアウェイウッドとなっています。

また、ドライバー同様の新しいサスペンションコアが搭載され高初速エリアが拡大しています。

ソールのフェース側センターは硬く設計され、直進性を追求されています。

総合的にはやさしく、真っ直ぐに飛ばせるようなフェアウェイウッドを意識した作りとなっています。

B2フェアウェイウッドの特徴

B2フェアウェイウッドはドライバー同様のドローバイアス仕様でつかまりが良いモデルです。

ヒールに加重の割合を増やし、ソールトゥ側を硬くするパワーリブを配置されているため、つかまりに特化したフェアウェイウッドとなっています。

その他のテクノロジーはB1と変わりありません。

スペック表

B1FWB2FW
ヘッド体積147163
ロフト15、1815、18、21
総重量322314
バランスD2D2

※ヘッド体積、総重量、バランスは全て5番の場合のスペックです。

ヘッド体積や、純正シャフトが違うということもありますが重量などを考慮してもやはりB1の方がやや上級者向け、B2の方がやさしい設計であることがわかります。

スポンサーリンク

B1フェアウェイウッド・B2フェアウェイウッドの見た目

  • B1フェアウェイウッド

黒のマットなので少しピンのG425に似た雰囲気の見た目ですが、デザインは悪くないと思います。

ソール後方のウエイトはけっこうインパクトがあります。

構えてみると、やはり少し小ぶりな印象は受けます。

シャローになっていない分、方向性を操作しやすそうな感じですね。

B2に比べれば、B1はややディープフェースです。

  • B2フェアウェイウッド

B2にはウエイトがない分、よりシンプルな見た目です。

それ以外は特にB1との違いは見た目にはありません。

構えてみると、投影面積が大きくて安心感があり、つかまりそうなややフックフェースです。

フェースはB1と比べればシャローになっていることがわかります

B1フェアウェイウッド・B2フェアウェイウッドを試打した感想

試打したのはそれぞれ5番ウッド、純正Sシャフトで行いました。

試打結果は以下の通りです(5球平均)

B1FWB2FW
ヘッドスピード41.441.7
キャリー208204
トータル223222
バックスピン30013320
サイドスピン-27(左)-664(左)

試打の時はもちろんいつも自分の打ち方で打つのですが、今回は製品の特徴通りの結果になっていると思います。

B1フェアウェイウッドはほぼストレートでしたし、B2フェアウェイウッドはかなりつかまりました。

僕の結果からするとB1の方が良かったですが、もともとスライス系のボールの方にはB2がかなりおすすめですね。本当によくつかまります。

B1はフックやスライスを打とうと思えば打てるような感じもありますが、普通に打てばかなり安定してストレートが打ちやすかったです。

ですが、ヘッド体積の差もけっこうあるので、やさしく打ちたいならB2にしてシャフトで調整するのもありかなと思います。

B1フェアウェイウッド・B2フェアウェイウッドまとめ

  • B1フェアウェイウッドは直進性が良し
  • B2フェアウェイウッドはつかまり良し
  • B1はやや上級者向き、B2は初級者からでもOK

それぞれ見た目は同じようでもかなり特徴に差が出るので良かったです。

ぜひ自分に合った方のフェアウェイウッドを選んでくださいね。

以上、ブリヂストンB1フェアウェイウッドとB2フェアウェイウッドの特徴を解説という話題でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事