エピックフォージドスターアイアンの特徴を紹介|飛びよし、上がりよしのニューアイアン|見た目や打感もまずまずです

スポンサーリンク

どうもりょういちです。

 

キャロウェイからニューアイアン、エピックフォージドスターアイアンが発売されました。

 

前作のエピックアイアンはその飛び性能で人気が出ましたが、今回はどのような変化があるのか解説します。

 

スポンサーリンク

 

エピックフォージドスターアイアンの特徴

 

サスペンデッドエナジーコアテクノロジーを採用

 

サスペンデッドエナジーコアテクノロジーとは?というところですが、従来ヘッド下部内に設置していたタングステンインナーウエイトをカップフェースの後ろに搭載。

 

これにより最適な位置に重心を配置することが可能となり、高打ち出し、最適なスピンを出す役割を担っています。

 

 

 

軟鉄鍛造ボディに前作同様のストロングロフト

1ピースではなく複合素材で作られているボディは軟鉄鍛造仕様で打感の良さを引き出しています。

 

さらに前作同様のストロングロフトで飛びを実現するのですが、進化している点が「飛びに加えた止まりやすさ」です。

 

従来、飛び系アイアンはその立っているロフトから比較的低弾道でランが出る仕様になっていました。

 

まあ飛距離を出すことが第一目的であるのでその点は致し方ないと思っていて、実際にランが多めに出ますし普通のロフトのアイアンに比べれば止まりにくいです。

 

要は低弾道でバックスピンが出にくいから止まらないのですが、そこをキャロウェイはエピックフォージドスターアイアンに改善させてきました。

 

まず弾道がかなり上がります。同タイプの飛び系アイアンではゼクシオクロスは球の上がりもあってオススメですが、同等かそれをしのぐ高さが出ます。

 

高さが出るということは、キャリーが出やすくランが出にくくなるということ。つまり、より実践的なアイアンへと成長しているのがエピックフォージドスターアイアンです。

 

 

スポンサーリンク

 

エピックフォージドスターアイアンの見た目

気になる見た目ですが、ここもエピックフォージドスターアイアンが評価される1つの要因です。

 

フェース

トゥとヒール部はミラー仕上げとなっていてよりフェース部を意識しやすいです。

 

構えた感じも悪くなく、ややトップブレードは厚めですが及第点でしょう。

 

飛び系アイアンにありがちなアドレスしたときにバックフェース側が見えるということもないので、構えやすいですね。

 

 

 

バックフェース

中空ときてこのデザインは、なんか見たことあるような、という気にもなりますがまあいいでしょう。

 

グリーンがイメージカラーのエピックシリーズですが、このヘッドにはグリーンは使われていないですね。

 

個人的にはデザインは悪くないと思います。

 

 

 

ソール

ソールはミラー仕上げでバックフェース側は黒い部分が少しかかっています。

 

ソール幅はほどよい厚さでやさしさと抜け感を両立しているといった感じでしょうか。

 

飛び系アイアンにありがちな分厚いソールではありません。前作からの流れですが、ここもエピックフォージドスターのいいところですね。

 

 

 

試打した感想

 

まず打感です。軟鉄アイアンですが他の一般的な軟鉄アイアンに比べれば少し劣るような気がしますが、まずまずの打感だと思います。悪くはありません。

 

中空構造ということもあり、イマイチ手に残る気持ち良さは感じられないのかなといった印象。「ちょっと軽い感じ」という表現が近いでしょうか。

 

とはいえ打感が固いということはないですし、後述しますが対象ゴルファーの層を考えても軽い分にはまだいいのかなと思います。

 

 

飛距離についてはこちらは文句なし。前作同様本当によく飛びます。7番でだいたい185ヤード前後飛んだので、僕の飛距離からすると本当に普段の5番アイアンぐらいの距離です。2番手分ぐらい飛んでます。

 

弾道もかなり高さが出ていますのでキャリーが出ますし、以前よりはグリーンを狙いやすくなっていると思います。

 

ヤマハのUD+2とかそのへんの飛び系アイアンは飛びますけど、なかなか上がりにくくランが出てしまうのであまり止まらないのですが、その点エピックフォージドスターは止まりやすくなっているので実践的に進化していると思います。

 

構えた感じも前述の通り悪くなく、ちょっとトップブレードは厚いですが飛び系アイアンの中では群を抜いてシンプルに見えます。

 

飛び系アイアンがいいけど見た目がなあ、、という方にもおすすめといえるアイアンですね。

 

 

 

 

エピックフォージドスターアイアンの対象ゴルファー

 icon-caret-right アイアンに飛距離を求めてなおかつボールの止まりを重視する方

 icon-caret-right 飛び系アイアンがいいけど見た目も重視したい方

 icon-caret-right ドライバーのヘッドスピードが~42ぐらいまでの方(それ以上早い方は基本的には飛び系アイアンは不要)

 

 

 

 

エピックフォージドスターアイアンまとめ

 icon-check サスペンデッドエナジーコアテクノロジーを採用して最適化

 icon-check 軟鉄鍛造ボディに360カップフェースとストロングロフト仕様

 icon-check 見た目は比較的シンプルな形状で違和感なし

 icon-check 対象ゴルファーは飛ばしたい方が大前提

 

以上、エピックフォージドスターアイアンの特徴を紹介という話題でした。

 

金額は高めですが、売れ行きも良く早くも人気の出ているアイアンです。

 

ぜひ新しい飛びアイアンをお試しください。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事