ブリヂストン・ツアーB Xフェアウェイウッドの特徴を解説|2020年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

2020年モデルのブリヂストン・ツアーB Xフェアウェイウッドについての解説記事です。

 

見た目や試打結果にも含めて、特徴をご説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブリヂストン・ツアーB Xフェアウェイウッドの特徴

 

ドライバーのテクノロジーがフェアウェイウッドにも搭載

 icon-caret-right ハニカムストリング

トゥヒール方向とフェースバック方向の剛性差が拡大し、ねじれに強いボールを生み出してくれます。

 

 

 

 icon-caret-right パワーミーリング

スコアラインの3本に1本をさらに粗いミーリングに変更しボールの滑りを抑制。

あらゆる条件でも安定したスピン性能が追求されています。

 

 

 

 icon-caret-right サスペンションコア

フェース内側から、CT値コントロールに最も効果的な一点で支えることにより、高初速エリアを拡大してやさしさがアップ。

フェアウェイウッドには初めてこのテクノロジーが採用されています。

 

 

 

 icon-caret-right 低重心設計で飛距離アップ

ソール下部後方に約55グラムの内部ウエイトを配置し低重心化。

高弾道でキャリーで稼げる仕様になり、さらに許容性も加わり飛距離アップが見込めます。

 

 

 

スペック表

  3番 5番
ロフト 15度 18度
ヘッド体積 170cc 143cc
重量(純正Sシャフト) 314グラム 318グラム

 

7番はなく、3番と5番のみの展開です。

 

ヘッド体積は前作より10cc大きくなったとのことですが、前作が小さかったのでまあ普通になったのかなというところでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ツアーB Xフェアウェイウッドの見た目

サスペンションコアが初搭載されたソール形状は、フェアウェイウッドとしては少し特殊でしょうか。

 

構えたり振っていればわかりませんけどね。

 

 

 

構えた感じでは座りもよく、構えやすかったです。

 

カーボンがぎっしりと使われているクラウンが特徴的。

 

 

 

フェースの形状もオーソドックスで、違和感はありませんでした。

 

 

 

ツアーB Xフェアウェイウッドを試打した感想

試打したのは5番ウッドで、純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下の通りです(5球平均)

ヘッドスピード 41.1
キャリー 202
トータル 218
バックスピン 3024
サイドスピン +243(右)

 

結果として、まあ特に書くことがないなあと言いたくなるぐらいに平均的でした。笑

 

飛距離や打感、振り感も平均的。

 

ドライバーはよかったですが、フェアウェイウッドはもう一つかなあというのが正直な感想です。

 

結果としてはめちゃくちゃ良くはないですが悪い数字ではないので、形状も含めて無難なフェアウェイウッドだと思います。

 

 

 

ツアーB Xフェアウェイウッドまとめ

 icon-check ハニカムストリングで直進性アップ

 icon-check パワーミーリングで低スピン化

 icon-check サスペンションコアでやさしさアップ

 icon-check 低重心化でキャリーで飛ばす

 

基本的にはドライバーに採用されているテクノロジーを詰め込み、あとはフェアウェイウッド仕様に低重心化しているモデルというところでしょう。

 

キャリーが伸びればより実践的に使うことが可能となり、フェアウェイウッドの出番が増えるかもしれませんね。

 

以上、ブリヂストン・ツアーB Xフェアウェイウッドの特徴を解説|2020年モデルという話題でした。

 

 

関連 2020年モデルツアーB Xドライバーの特徴を解説

関連 2020年モデルツアーB Xユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事