ブリヂストン・ツアーB Xドライバーの特徴を解説|2020年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

ブリヂストンから2020年モデルのツアーBシリーズが発表されました。

 

今回はツアーB Xドライバーについて特徴を解説していこうと思います。

 

ちなみに今のところ、今作のドライバーはこのツアーB Xの1種類のみとなっています。

 

スポンサーリンク

 

ブリヂストン・ツアーB Xドライバーの特徴

 

直進性を向上させるハニカムストリング

クラウン部において、たわみの復元力が高く、ねじれない設計のハニカムストリング。

 

クラウン全体の剛性をコントロールし、クラウンのねじれを抑えることにより直進性が増し力強い球になります。

 

 

 

サスペンションコアでやさしさ

2019年モデルのJGRにも見れたサスペンションコアがツアーB Xにも搭載。

 

CT値コントロールに最も効果的な一点で支え、高初速エリアを拡大してくれます。

 

わかりやすく言えば、スイートエリアの拡大ですね。

 

 

 

弾道調整機能のウエイトは5つのポジション

なかなか斬新なのがウエイトポジションの多さです。

 

5つのポジションというのは他にはあまりなく、調整のやりがいかありそうです。

 

 

 

ヒール寄りのD2ポジション、少しセンターに寄ってD1ポジション、センターのCポジション、少しトゥに寄ってF1ポジション、そしてトゥ寄りのF2ポジション。

 

Dとはドロー、Cはセンター、Fはフェードでしょう。

 

新品の状態ではセンターではなくD1ポジションにウエイトが装着されているということから、ヘッド自体のつかまりはやや抑えられているモデルなのかもしれません。

 

 

 

パワーミーリングで低スピン化

フェースのスコアラインの3本に1本をさらに粗いミーリングに変更し、ボールの滑りを抑制することにより低スピン化を実現。

 

余計なスピンを減らすことにより、打球の曲がりを減らして前に飛ばす力が働いてくれます。

 

 

 

スペック表

ヘッド体積 460cc
重量(純正Sシャフト) 305グラム
重量(ディアマナTB60S) 310グラム
重量(スピーダーエボ7 661S) 312グラム

 

純正シャフトはSとSRでの展開となり、Rシャフトはありません

 

純正Sシャフトでも305グラムあるので、やや重ため。

 

それなりにヘッドスピードがある方、少なくとも40以上の方が対象となってくるドライバーでしょう。

 

ロフトは9.5度、10.5度の展開となっています。

 

スポンサーリンク

 

ツアーB Xドライバーの見た目

「 Bを構えろ」というキャッチコピー通り、Bマークが一目でわかるソールデザインです。

 

まあ構えたらBマークは見えないのですが。笑

 

 

 

実際に構えてみると、ストレートフェースで左へのミスは抑えられそうに感じる見た目です。

 

投影面積も大きく感じない点も良いでしょう。

 

またカーボンクラウンがよくわかるデザインですね。

 

 

 

フェースにはパワーミーリングが施されています。

 

 

 

ツアーB Xドライバーを試打した感想

試打したのは10.5度で、シャフトは純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下の通りです(5球平均)

ヘッドスピード 45.1
キャリー 241
トータル 257
バックスピン 2322
サイドスピン -165(左)

 

見た目通りの結果というか、左へのミスはかなり抑えられるなという印象を持ちました。

 

と言いつつも極端に右へすっぽ抜けるようなこともなく、やや右に打ち出した打球が弱めのドローで帰ってくる弾道で安定して打つことができました。

 

打感も悪くなく、振り感も含めて打っていて心地良かったですね。

 

爆発的な飛距離というわけではなかったですが、総合力は高いドライバーかなと思います。

 

ヘッドスピード40以上の方で、左へのミスを抑えたい方はマッチする可能性ありです。

 

 

 

ツアーB Xドライバーまとめ

 icon-check 直進性を向上させるハニカムストリング

 icon-check サスペンションコアでやさしさもあり

 icon-check 弾道調整機能のウエイトは5つのポジションあり

 icon-check パワーミーリングで低スピン化

 icon-check コーポレートカラー使用でデザインは良さげ

 

これまでのツアーBドライバーをブラッシュアップさせたようなツアーB Xドライバー。

 

機能面に加えてデザインも評価は良さそうで、期待できるドライバーとなりそうです。

 

以上、ブリヂストン・ツアーB Xドライバーの特徴を解説|2020年モデルという話題でした。

 

 

関連 ツアーB Xフェアウェイウッドの特徴を解説

関連 ツアーB Xユーティリティの特徴を解説

関連 2019年モデルJGRドライバーの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事