ブリヂストン・ツアーB Xユーティリティの特徴を解説|2020年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

ブリヂストンの2020年モデル、ツアーB Xユーティリティについての解説記事です。

 

見た目や試打結果も交えて、特徴を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブリヂストン・ツアーB Xユーティリティの特徴

 

ユーティリティにもサスペンションコア搭載

CT値コントロールに最も効果的な一点をフェース内側から支えることにより、高初速エリアを拡大。スイートエリアが広がり、寛容性がアップしています。

 

 

 

パワーミーリングで低スピン化

フェースのスコアライン3本の内1本をさらに粗いミーリングに変更することにより、ボールの滑りを抑制しサイドスピンを低減してくれます。

 

 

 

クラウン後方を加重

クラウン後方に12グラムの内部ウエイトを配置することにより、高MOI・高深重心設計でスピンコントロール性能が向上しています。より安定感を感じられる仕組みとなっています。

 

 

 

スペック表

  2番 3番 4番
ロフト 18度 21度 24度
ヘッド体積 118cc 112cc 108cc
重量(純正Sシャフト) 343グラム 347グラム 351グラム

 

フェアウェイウッド同様に前作比でヘッド体積が10cc大きくなっており、やさしさアップを目論んでいることがわかります。

 

とは言っても大ぶりのヘッドになったわけではないので、それなりに難易度と重量があるユーティリティなので、中級者以上の方向けのユーティリティかなという位置付けですね。

 

スポンサーリンク

 

ツアーB Xユーティリティの見た目

ユーティリティにも初めてサスペンションコアが搭載され、ブリヂストンカラーの赤が良く目立ちます。

 

 

 

構えてみると、小ぶりのヘッドで、マットブラックがさらに引き締まって見えるのを際立たせます。

 

コンパクトなサイズのヘッドがいい、という方には好みだと思います。

 

 

 

フェースはそこまで厚みもなく、スムーズに払い打ちできそうな雰囲気ですね。

 

 

 

ツアーB Xユーティリティを試打した感想

試打したのは4番ユーティリティで、純正Sシャフトで行いました

 

試打結果は以下の通りです(5球平均)

ヘッドスピード 39.6
キャリー 188
トータル 202
バックスピン 3310
サイドスピン -366(左)

 

シンプルなヘッドで打ちやすいなというのが1番の印象ですね。

 

飛距離や方向性もまずまずでしたし、あまり大きなミスが出そうな気がしないようなユーティリティでした。

 

ただ注意点としては、ヘッドサイズは小さい方なので、大型ヘッドで安心感を求めたいという方には不向きかもと思います。

 

小ぶりヘッドでやや重ため、さらにシンプルな見た目、というユーティリティがほしい方にはマッチしそうですね。

 

 

 

ツアーB Xユーティリティまとめ

 icon-check サスペンションコア搭載で寛容性アップ

 icon-check パワーミーリングで低スピン化

 icon-check クラウン後方を加重でスピンコントロール

 icon-check やや小ぶりのシャープなヘッド形状

 

前作のツアーBシリーズが早々に市場からなくなっていったので、久々のツアーBな感じがしますが、この秋のニューモデルラッシュに勝てるのかどうか楽しみです。

 

以上、ブリヂストン・ツアーB Xユーティリティの特徴を解説|2020年モデルという話題でした。

 

 

関連 ツアーB Xドライバーの特徴を解説

関連 ツアーBフェアウェイウッドの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事