キャロウェイ・エピックマックスフェアウェイウッドの特徴を解説|2021年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

キャロウェイから登場のエピックシリーズの2021年モデル。

 

どうしてもドライバーに注目が集まりがちですが、フェアウェイウッドにも注目してみましょう。

 

今回はエピックマックスフェアウェイウッドについて、特徴を解説し、見た目や試打結果も見ていきたいと思います。

 

関連 エピックスピードフェアウェイウッドの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

エピックマックスフェアウェイウッドの特徴

 

エピックマックスはドライバー同様のやさしい設計で、シャローで大型のヘッド形状と、ソール後方のウエイトで高弾道設計です。

 

また、ソール前方にもウエイトが配置されていて、後方ウエイトと入れ替えが可能。

 

前方を重たいウエイトにすれば、力強い弾道で打つことも可能になります。

 

 

 

新ジェイルブレイクテクノロジーとAIフェース

エピックフラッシュユーティリティでも採用された、ジェイルブレイクテクノロジーが搭載され、フェアウェイウッドは「2本の柱」です。

 

ドライバーのような「フレーム」にはなっていませんが、今回は2本の柱の間隔を広げることでフェースのたわみ量を大きくし、よりやさしく進化しています。

 

フェース下部でのヒット時でもボール初速を向上させてくれます。

 

フェースはもちろんAIフェースで、それぞれの番手ごとにフェース設計が異なっていて、最適化されています。

 

 

 

ステンレスヘッド

フェアウェイウッドはドライバーとは異なりステンレススチール製で、よりシャローヘッドになっています。

 

 

 

スペック表

 

総重量

バランス 番手ラインナップ

純正シャフト(S)

310 D2 3、5、7、9、11

純正シャフト(R)

308 D2

※総重量、バランスは3Wの数値

 

面白いのは9番や11番ウッドまでラインナップされているところです。

 

最近のモデルでは珍しいので割と需要はあるかも。

 

ユーティリティよりもフェアウェイウッドが好きという方にはいいですね。

 

スポンサーリンク

 

エピックマックスフェアウェイウッドの見た目

ウエイトはソールの前方と後方にふたつ装着されています。

 

エピックスピードは前方にひとつのみでしたが、球の上がりをサポートして慣性モーメントを高くする意味合いで後方にも配置されています。

 

 

 

構えてみると、大型ヘッドでフックフェースになっているのが特徴的。

 

フェアウェイウッドが苦手な方に良さそうな顔をしており、一目見ただけでやさしいフェアウェイウッドだなとわかります。

 

 

 

フェースはやや角ばりのある形状で、スピードとは少し違う形となっています。

 

 

 

エピックマックスフェアウェイウッドを試打した感想

試打したのは5番ウッドで、純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

41.7

キャリー

205

トータル

222

バックスピン

3340

サイドスピン

-312(左)

 

結論から言うとめちゃくちゃミスに強くてやさしいフェアウェイウッドだなという印象でした。

 

芯を外したりトップしても、それなりの飛距離であまり左右に散らばらなかったです。

 

普通に打てれば、高めの弾道でドローが打てたので、やはりやさしさ重視のウッドです。

 

打感はあまり良くはないですが、キャロウェイらしい硬めの感じですね。

 

とにかくミスに強いので、実戦向きのフェアウェイウッドです。

 

 

 

エピックマックスフェアウェイウッドまとめ

 icon-check 新ジェイルブレイクテクノロジー搭載

 icon-check AIフェースで番手別最適化設計

 icon-check カーボン素材ではなくステンレスヘッド

 

ドライバーの飛距離にどうしても注目が集まりますが、このエピックマックスフェアウェイウッドも飛距離性能は文句なし

 

非常に注目の1本だと思います。

 

以上、キャロウェイ・エピックマックスフェアウェイウッドの特徴を解説|2021年モデルという話題でした。

 

 

関連 エピックマックスドライバーの特徴を解説

関連 エピックスピードドライバーの特徴を解説

関連 エピックマックスLSドライバーの特徴を解説

関連 エピックスピードフェアウェイウッドの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事