テーラーメイド SIM2 MAX Dフェアウェイウッドの特徴を解説|ドローバイアスモデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

人気メーカーのテーラーメイドから、2021年モデルのSIM2 MAXシリーズが登場。

 

今回は「SIM2 MAX Dフェアウェイウッド」について特徴を解説し、見た目や試打結果なども含めて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAX Dフェアウェイウッドの特徴

 

ヘッド構造の見直し

これまでフェースは単体で作られていたところを、フェースとクラウン部前方(白い部分)を接着してひとつのパーツとして設計。

 

溶接を省くことにより無駄な重量をなくすことができ、たわみ量もアップとなっています。

 

またスイートエリアも広くなることにより、よりやさしいクラブへと進化しています。

 

 

 

前作との違いはやさしさアップ

まずはドライバー同様にスイートエリアの拡大と、より低重心になっている効果でやさしくボールを拾ってくれます。

 

ソールのウエイトは前作では前方のフェース寄りに配置されていましたが、今作は後方に配置されています。

 

慣性モーメントを高める狙いと、よりボールが上がりやすくする狙いがあるということになりますね

 

高打ち出し、低スピンでしっかりキャリーで運べるように進化しています。

 

 

 

基本的なテクノロジーは前作同様

既存テクノロジーは前作から引き継がれているものが多く、健在となっています。

 

 icon-caret-right ドローバイアスモデル

ヒール側に重量を配置することによりドローバイアスとなりつかまりがアップ。

 

スライサーには頼もしい機能です。

 

 

 

 icon-caret-right Vスチールソール

地面との接触を最小限に抑えて抜けの良さを向上させたソールが採用されています。

 

ソールにはカーボンが配合され、ヘッドの軽量化にもつなげられています。

 

 

 

 icon-caret-right ツイストフェース

サイドスピンを抑制してくれる効果を発揮するツイストフェースで、左右の曲がり幅を減少させます。

 

M4の頃からのテクノロジーで、今のテーラーメイドの全てのウッドクラブに搭載されています。

 

 

 

スペック表

  総重量 バランス ヘッド体積

純正Sシャフト

312 D2 3番:195cc

5番:165cc

7番:165cc

純正SRシャフト

310 D2
純正Rシャフト

308 D2

 

SIM2 MAX Dフェアウェイウッドにはカスタムシャフトの通常ラインナップがないので、純正以外のシャフトを入れる場合にはすべてメーカーでのカスタムという形になります。

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAX Dフェアウェイウッドの見た目

デザイン的にはドライバー同様にSIM2 MAXとほぼ同じです。

 

カッコいいですが、もう少し差をつけてくれた方が間違いづらくていいかなとは思いますけどね。

 

 

 

構えてみると、少しフックフェースです。

 

まずまず構えやすいですね。

 

 

 

フェースは割とシャローになっています。

 

 

 

SIM2 MAX Dフェアウェイウッドを試打した感想

試打したのは5番ウッドで、純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

40.8
キャリー

209
トータル

226
バックスピン

3074
サイドスピン

-460(左)

 

飛距離的にはSIM2 MAXフェアウェイウッドと同等でしたが、サイドスピン量にやや差がつきました。

 

とはいえ、すごくつかまるというものでもなく、もう少し強めのドローが出れば差別化ができるのになという感想を持ちました。

 

振り心地などもSIM2 MAXとさほどかわりませんでしたし、打感も同じでした。

 

まあよほどのことがない限り普通のSIM2 MAXでいいかな、と思いました。

 

SIM2 MAXでつかまらない、という方はSIM2 MAX Dを選択すればいいでしょう。

 

 

 

SIM2 MAX Dフェアウェイウッドまとめ

 icon-check やさしくドローが打ちやすいフェアウェイウッド

 icon-check 既存テクノロジーも健在

 icon-check 見た目は前作からあまり変わらず

 

ドローが打ちやすいというところがメリットですが、ドライバーほどつかまりがいいとは言いづらく、もうちょっとつかまったらなというところが本音です。

 

ただSIM2 MAXフェアウェイウッドと比較するとつかまりますので、つかまるモデルという位置づけになっているのだと思います。

 

以上、テーラーメイド SIM2 MAX Dフェアウェイウッドの特徴を解説|ドローバイアスモデルという話題でした。

 

 

関連 SIM2 MAX Dドライバーの特徴を解説

関連 SIM2 フェアウェイウッドの特徴を解説

関連 SIM2 MAX フェアウェイウッドの特徴を解説

関連 SIM2 MAXユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事