テーラーメイド SIM2 MAX Dドライバーの特徴を解説|ドローバイアスモデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

人気メーカーのテーラーメイドから、2021年モデルのSIM2 MAX Dシリーズが登場。

 

今回は「SIM2 MAX Dドライバー」について特徴を解説し、前作との比較も交えて紹介したいと思います。

 

関連 SIM2 MAXドライバーの特徴を解説

関連 SIM2ドライバーの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAX Dドライバーの特徴

 

つかまり重視のドローバイアスモデル

SIMMAX Dの後継モデルなので、SIM2 MAX D ドライバーはつかまりを重視したドローバイアスモデルです。

 

前作はインナーウエイトがヒールに配置されていて目視的にはわかりにくかったですが、今回はウエイトが外側についていて目で見えており、しっかりドローモデルなのがわかります。

 

その他はSIM2 MAXと同じ仕様ですね。

 

 

 

製造方法の変更

今回、大きな変更点がフェースです。

 

と言ってもフェース自体が変わったのではなく、フェースとクラウン部の白い部分が一体となったパーツに生まれ変わりました。

 

これにより無駄な溶接が不要となり、接着のみでフェースとクラウン白色部分がつなげられており、無駄な重量や繋ぎ目を省くことに成功。

 

結果として、スイートエリアが広くなり、フェースのたわみもアップして初速がさらに速くなるというものです。

 

また、ヘッド後方の青いパーツの部分にはアルミが使われ、ここも軽量となっています。

 

 

 

カーボン比率がアップ

ソールのカーボン比率が大幅にアップし、ソールはほぼカーボンとなっています。

 

ここでも重量の削減に成功しており、その分低重心・浅重心へと重量を配分させることができています。

 

ちなみにカーボンのソールですが、強度はかなり強く作られており、普通にダフる程度など少々のことでは割れないとのこと。

 

製品として当たり前のことですが、見た目的に少し気になっていましたが、一安心できるポイントです。

 

 

 

既存テクノロジーは健在

これまでのMシリーズやSIMシリーズに搭載されたテクノロジーは基本的に受け継ぐ形となっており健在です。

 

 icon-caret-right イナーシャジェネレーター

ダウンスイングのスピードアップを実現する「イナーシャジェネレーター」を搭載することにより、空力効率と高慣性モーメントを化を両立。

 

ヘッドスピードアップにつながるテクノロジーです。

 

 

 

 icon-caret-right スピードインジェクション

フェースの反発性能をルール限界値にチューニングしたスピードインジェクションは最大の飛びを実現してくれます。

 

今回はフェースではなく、ソールのトゥ側に1ヶ所のチューニングに変更されています。

 

前作まではフェースに2ヶ所のチューニングでしたが、1ヶ所に変更になっても飛びに影響はないとのことです。

 

 

 

 icon-caret-right ツイストフェース

ツイストフェースはサイドスピンを減少させ、左右の曲がり幅を減少させる働きをしてくれます。

 

ミスの多いアマチュアにはもってこいの機能です。

 

ミスヒットがOBにならずにラフに残る、ラフに入るような打球がフェアウェイに残る、そんなイメージの外せないテクノロジーですね。

 

 

 

純正シャフトは前作と同じものを採用

コスメこそやや変わっているのですが、純正シャフトの性能は前作と全く同じものが採用されています。

 

テンセイと言うと聞こえもいいですし、人気があったのであえてそのままにしているのでしょう。

 

 

 

スペック表

  総重量 バランス ヘッド体積
純正シャフト(S)

299 D2.5 460
純正シャフト(R)

294 D2.5

 

SIM2 MAX Dドライバーは純正シャフトのみの展開で、他のシャフトを入れるとすると全てカスタム扱いになります。

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAX Dドライバーの見た目

SIM2 MAXドライバーやSIM2ドライバーと間違えそうになりますが、つかまり重視のためウエイトはソールのヒール寄りに位置しています。ウエイトの位置ぐらいしか違いはありませんね。

 

ですが、デザインはとてもかっこいいと個人的には思っています。

 

 

 

構えてみると、他の2機種よりもフックフェースでやはりつかまり仕様が感じられます。

 

 

 

フェースにはスピードインジェクションがなくなったので、見た目的にはシンプルになりましたね。

 

フェースも見た目的にはSIM2 MAXドライバーとほぼ同じに見えます。

 

 

 

こういう風に前方から見るといびつに見えますが、構えたときには全然気にならないので問題はないと思います。

 

 

 

SIM2 MAX Dドライバーを試打した感想

試打したのは10.5度で、シャフトは純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

44.6
キャリー

242
トータル

261
バックスピン

2564
サイドスピン

-899(左)

 

結果としては左へいきすぎですが、性能通りつかまってくれました

 

前作よりもつかまりの良さを感じましたし、よりスライサーにおすすめできるドライバーになっていると思います。

 

ストレート〜ドロー系のボールを持ち球にしている方にはあまり向かないでしょう。

 

飛距離的にはSIM2 MAXよりはやや落ちましたが近いところではあるので、方向性の違いが一番ですね。

 

 

 

SIM2 MAX Dドライバーまとめ

 icon-check つかまり重視のドローバイアスモデル

 icon-check パーツごとを見直し余分な重量をカットし、よりやさしいドライバーへ

 icon-check 前作までのテクノロジーも健在

 icon-check デザインもかっこいい

 icon-check 純正シャフトは前作と同じもの

 

今回つかまりがさらに良くなり、スライサーにはかなりおすすめしたいモデルとなっています。

 

飛距離的にはSIM2が一番飛ぶかなという評価ですが、方向性で右へのミスが気になる方にはこのSIM2 MAX Dがもってこいだと思います。

 

以上、テーラーメイド SIM2 MAX Dドライバーの特徴を解説|ドローバイアスモデルという話題でした。

 

 

関連 SIM2 MAXドライバーの特徴を解説

関連 SIM2ドライバーの特徴を解説

関連 SIM2 MAX Dフェアウェイウッドの特徴を解説

関連 SIM2 MAXユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事