テーラーメイド SIM2 MAXユーティリティの特徴を解説|2021年モデル

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

人気メーカーのテーラーメイドから、2021年モデルのSIM2 MAXシリーズが登場。

 

今回は「SIM2 MAXユーティリティ」について特徴を解説し、見た目や試打結果なども含めて紹介したいと思います。

 

関連 SIM2ユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAXユーティリティの特徴

 

ヘッド構造の見直しでよりやさしく

ドライバーやフェアウェイウッドと同様に、ユーティリティもヘッド構造が見直され、余剰重量の削減やフェースのたわみアップにつなげられています。

 

フェースをひとつのパーツにするのではなく、フェースとクラウン前方(白の部分)を接着で一体型に。

 

溶接を省くことで無駄な重量とたわみの妨害を極力少なくし、ヘッドのより自由な重量設計と飛距離アップに成功しています。

 

 

 

既存テクノロジーは健在

 icon-caret-right ツイストフェース

フェース面の「ねじれ」によってサイドスピンを抑える効果が出るテクノロジー。

 

トゥ側に当たれば左スピンが減少、ヒール側に当たれば右スピンが減少する働きがあります。

 

両サイドへの曲がり幅をグッと縮めてくれるのがツイストフェースです。

 

 

 

 icon-caret-right Vスチールソール

抜けが良くなるよう設計されたソールで、往年の名器とされているVスチールのソールを参考に作られています。

 

地面との接触を最小限になるよう設計されているので、難しいライでも真価を発揮してくれます。

 

 

 

 icon-caret-right 貫通型スピードポケット

こちらもテーラーメイド往年のテクノロジーで寛容性アップ、初速アップに一役買っています。

 

ツイストフェースとも相まって、やさしいユーティリティになっています。

 

 

 

純正シャフトはそのまま

SIM2シリーズ全体で、純正シャフトは前作とまったく同じモデルが採用されています。

 

テンセイが人気であったことと、完成度の高いシャフトであったことからの、「思い切ったシャフト変更なし」という判断になったのでしょう。

 

コスメのみ、少し変更が加えられています。

 

 

 

スペック表

 

#3

#4 #5 #6

ロフト

19 22 25 28

総重量

341(#3、純正カーボンSシャフトの場合)

375(#3、純正スチールSシャフトの場合)

 

できれば70~80グラムぐらいのカーボンシャフトが通常ラインナップとしてあれば選択肢が増えるだろうとは思うのですが、展開はカーボンとスチールがそれぞれ1種類ずつのみです。

 

重さが極端に変わってくるので、その中間が欲しい方はカスタムで組むか、ヘッドはやや小ぶりですがSIM2ユーティリティで検討されてみてもいいと思います。

 

SIM2ユーティリティの純正カーボン(テンセイシルバー)は72グラムの設定なので、重量としては魅力的に感じる方も多いと思います。

 

スポンサーリンク

 

SIM2 MAXユーティリティの見た目

ソールデザインは前作とかなり類似しており、SIM2の「2」がなければ間違う人も多いでしょう。

 

 

 

構えた感じでは、ヘッドサイズ感が程よく、ボールを拾いやすそうな印象。

 

クラウンは黒になっていてややM6にも似ているような気もします

 

 

 

フェースは丸みを帯びたオーソドックスな形状です。

 

 

 

SIM2 MAXユーティリティを試打した感想

試打したのは4番で、純正Sシャフトで行いました。

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

40.1

キャリー

192

トータル

209

バックスピン

3754

サイドスピン

-239(左)

 

前作に比べて少し飛距離がアップし、キャリーで3ヤード、トータル4ヤードのアップでした。

 

前作より弾いている感じがあってかなり飛んでいるなという感触でした。

 

これもフェースとクラウン部の一体構造の効果なのかなと思います。

 

方向性は相変わらずよく曲がりも少ないので、あらゆる場面で武器になってくれるでしょう。

 

 

 

SIM2 MAXユーティリティまとめ

 icon-check スイートエリア拡大と低重心化でさらにやさしく

 icon-check 既存テクノロジーは健在

 icon-check 試打結果も良好で安定感のあるユーティリティ

 icon-check 純正シャフトは前作同様のものを採用

 

デザインは前作とよく似ているので少しややこしいですが、性能としては確実にやさしくなっているなという出来なので期待ができます。

 

以上、テーラーメイド SIM2 MAXユーティリティの特徴を解説|2021年モデルというわだいでした。

 

 

関連 SIM2 MAXドライバーの特徴を解説

関連 SIM2 MAXフェアウェイウッドの特徴を解説

関連 SIM2ユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事