テーラーメイド SIM2ユーティリティの特徴を解説|帰ってきた小ぶりレスキュー

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

人気メーカーのテーラーメイドから、2021年モデルのSIM2シリーズが登場。

 

今回は「SIM2ユーティリティ」について特徴を解説し、見た目や試打結果なども含めて紹介したいと思います。

 

関連 SIM2 MAXユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

SIM2ユーティリティの特徴

 

小ぶりヘッド

M3以来となる、小ぶりヘッドのユーティリティの登場です。

 

黒で引き締まったヘッドはかっこよく、ハードヒッターを中心に人気が出そうな予感です。

 

ソールのスライディングウエイトはありませんが、ロフト調整機能は搭載されており±1.5度まで調整が可能です。

 

以前あったギャッパーというモデルのHIGH(ハイ)に近いような感じもしますね。

 

 

 

基本的なテクノロジーはSIM2 MAX同様

 icon-caret-right ツイストフェース

フェース面の「ねじれ」によってサイドスピンを抑える効果が出るテクノロジー。

 

トゥ側に当たれば左スピンが減少、ヒール側に当たれば右スピンが減少する働きがあります。

 

両サイドへの曲がり幅をグッと縮めてくれるのがツイストフェースです。

 

 

 

 icon-caret-right Vスチールソール

抜けが良くなるよう設計されたソールで、往年の名器とされているVスチールのソールを参考に作られています。

 

地面との接触を最小限になるよう設計されているので、難しいライでも真価を発揮してくれます。

 

 

 

 icon-caret-right 貫通型スピードポケット

こちらもテーラーメイド往年のテクノロジーで寛容性アップ、初速アップに一役買っています。

 

ツイストフェースとも相まって、やさしいユーティリティになっています。

 

 

 

純正シャフトの重量が70グラム代

SIM2シリーズなので純正シャフトがテンセイシルバーで用意されています。

 

Sシャフトで72グラムと重ための設定で、重ためのカーボンシャフトがあまり出てこない最近のユーティリティ事情を考えると需要は多そうです。

 

 

 

スペック表

  #2

#3 #4
ロフト

17 19.5 22
総重量

360(純正カーボンSシャフトの場合)

388(純正スチールSシャフトの場合)

 

ロフトに関しては調整機能がついており、±1.5まで調整が可能です。

 

純正カーボンシャフト装着時の重量は需要がありそう。

 

モデル的にはモーダス105あたりを入れて使用する方も多そうですね。

 

スポンサーリンク

 

SIM2ユーティリティの見た目

ソールの見た目からも、なんだか小ぶりだなという雰囲気が漂っています。

 

ウエイトがソール後方についているのは、ヘッドの安定感を出すためでしょう。

 

 

 

構えてみると、やはり小ぶりだなというのが一番感じるところでした。

 

また黒で引き締まっているのでとてもコンパクトに見えますが、それと同時にとてもかっこいいですね。

 

 

 

フェース形状は角ばったフォルムです。

 

 

 

SIM2ユーティリティを試打した感想

試打したのは3番(19.5度)で、純正Sシャフトで行いました

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

40.3
キャリー

195
トータル

211
バックスピン

3218
サイドスピン

+177(右)

 

正直けっこう難しく、それなりの腕が必要だなと感じたユーティリティです。

 

オートマチックとは言いづらく、ある程度のフェース角度を意識して打たないと、フックもスライスも出た結果となりました。

 

ただ、逆に言えば操作性はすごく良いクラブで、最初はけっこうミスショットしましたが慣れてくるとドローとフェードの打ち分けはできるようになりました。

 

ヘッドが小さく少しの閉じ、開きでサイドスピンに影響しやすいので、方向性のコントロールがしたいと言う方にはかなり良いユーティリティと言えるでしょう。

 

逆にやさしさはあまりありませんので、簡単に打ちたいという方はSIM2 MAXユーティリティの方が無難です。

 

飛距離的には平均的なユーティリティで、まずまずの飛距離性能だと思います。

 

 

 

SIM2ユーティリティまとめ

 icon-check 久々の小ぶりヘッドの登場

 icon-check テクノロジーはSIM2 MAXユーティリティと類似

 icon-check 操作がしやすいけど中級者以上向けモデル

 

ヘッドが小さい分簡単というモデルではありませんが、小ぶりヘッドが好きな方はかなり気になるモデルだと思いますよ。

 

以上、テーラーメイド SIM2ユーティリティの特徴を解説|帰ってきた小ぶりレスキューという話題でした。

 

 

関連 SIM2ドライバーの特徴を解説

関連 SIM2フェアウェイウッドの特徴を解説

関連 SIM2 MAX ユーティリティの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事