フジクラ・VENTUS(ベンタス/ヴェンタス)ブラックの特徴を解説|元調子で振り抜ける低弾道シャフト

スポンサーリンク

 

どうもりょういちです。

 

人気シャフトのフジクラ・ベンタスシリーズから「ベンタスブラック」の日本モデルが登場しました。

 

ベンタスブルーが2020年に発売されてから叩けて安定感のあるシャフトとして人気となりましたが、ベンタスブラックも人気爆発の予感。

 

どんなモデルなのか、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ベンタスブラックの特徴

 

低弾道が打てるシャフト

先端の剛性はベンタスブルーと同じくらいに留めつつ、中間から手元までの剛性をさらにアップさせています。

 

低スピン効果が期待でき、より強く低弾道で攻めていくことができそうなシャフトです。

 

フジクラの現行ラインナップの中でも最も低スピン、低弾道のポジションに位置し、コントロール性能に優れたシャフトです。

 

 

 

VeloCore Technology

ベンタスブルーと同じくVeloCore Technologyを搭載。

 

オフセンターヒット時のヘッドのねじれを抑制し、優れたボールコントロール性能を発揮してくれます。

 

 

 

スペック表

ベンタスブラック

重量 トルク 調子

5S

57.5 3.7

5X

58.5 3.3

6S

64.0 3.4

6X

65.0 3.1

7S

77.0 3.1

7X

78.0 2.8

 

全ての重量帯で元調子のしっかり目シャフト。

 

ベンタスブルー同様、ハードヒッター向けなのは変わりありません。

 

50グラム台、60グラム台で需要が多そうですね。

 

70グラム台はかなりハードなので、ヘッドスピードが最低でも50以上はないと厳しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ベンタスブラックの見た目

見た目としては、日本ではお馴染みとなりつつあるベンタスブルーの色違いです。

 

基調色は当然黒で、VENTUSの文字が白でデザインされています。

 

ベンタスブルーはネイビーのようなカラーリングでスッキリしたデザインでしたが、ベンタスブラックは黒色でよりシンプルに感じます。

 

個人的には渋くてカッコいいと思います。

 

 

 

ベンタスブラックを試打した感想

試打ヘッドはキャロウェイのエピックマックス9.0度を選択。

 

ベンタスブラックは5Sを装着して試打しました。

 

試打結果は以下のとおりです(5球平均)

ヘッドスピード

45.1

キャリー

242

トータル

270

バックスピン

2110

サイドスピン

-363(左)

 

まず感じたところは打ち出しが非常に低くなり、出球がかなりそろいます。

 

中弾道というよりは、本当に低弾道という表現になるでしょうか。

 

ある意味安定はしていますが、もともと球が上がりにくいという方は使わない方がいいです。

 

逆に吹け気味という方にはもってこいで、強い球が打つことができるでしょう。

 

比較的ボールが上がりやすいエピックマックスのヘッドを使用したにも関わらず、かなり抑えた弾道で強く打つことができたので、低弾道仕様というのは伊達じゃないです。

 

フィーリング的には、5Sでしたがシャフト自体がそんなに動くということもなく、かなり硬い感覚でした。

 

振りづらい感じではなくちょうどいいぐらいだったので、6Sだとちょっとしんどいかもしれません。

 

とにかく弾道を抑えて強い球を打つには圧倒的におすすめです。

 

ベンタスブルーよりも弾道は低くなり、ハードなシャフトだと思います。

 

 

 

ベンタスブラックまとめ

 icon-check 低弾道が打てるシャフト

 icon-check VeloCore Technologyでミスヒットに強い

 icon-check 元調子で叩いていける

 

バックスピンが多くて困っているアマチュアゴルファーは多いと思いますが、ベンタスブラックならスピン量が減り飛距離アップが期待できますよ。

 

方向性も秀逸です。

 

以上、フジクラ・VENTUS(ベンタス/ヴェンタス)ブラックの特徴を解説|元調子で振り抜ける低弾道シャフトという話題でした。

 

 

関連 ベンタスブルーの特徴を解説

関連 テンセイ プロ ホワイト 1Kの特徴を解説

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
りょういち

りょういち

ゴルフギア好きのアマチュアゴルファーです。ドライバーの平均ヘッドスピードは44~45。商品の特徴紹介や、試打してその性能のレビューをしています。

FOLLOW

関連記事